ことば

2020年8月30日 (日)

『大阪弁おもしろ草子』「けったくそ悪い」を読んで その3

「尻」に対する「しり」と「けつ」の使い分けについては、あまり気にしたことがなかった。

というか、「けつ」関連の表現が方言であるのは、私にとっては気づかない方言ということであった。

 

「尻から出た虫のようにいう」(p.59)は、知らない表現である。

最も卑しむべき、忌避すべき、見下げ果てた、取るに足らない、人交わりならぬ人間のことを指すようである。

 

「けつわる」(p.59)は、挫折して志半ばで初志を抛棄(ほうき)することを指す。

これは知っている。諦めるって感じで使っている。

 

派生しての倒産するの意味では使わない。

それは、私が商売人でないからだと思う。

 

ただ、「けつわる」は中途で断念であって、完全にお手上げでの破産なら、「ばんざいする」とのこと。

これもお手上げの意味では言うけれど、破産の意味では私は使わない。「グリコやな」も同様。

 

なお、「けつわる」については、ぶちまける、暴露するという意味もあったようだが、田辺さん世代でも使用語彙ではないとのこと。

私も全く知らない。

 

「けつからせんぐりに」(p.60)は、後ろから順に数えるということになるが、「せんぐり」を使わない。

「けつから数えてみい」(p.60)なら、すんなり頭に入ってくる。

 

「けつまくる」(p.60)は、居直るという意味だが、方言ではないとのこと。

辞典には「尻をまくる」という言い方もあるようだが、これでは座りが悪い。やはり、「けつ」でないと。

 

「けつふく」(p.61)は、後始末をするという意味だが、これは方言のようである。

これも尻では落ち着きが悪い。それだと、大便の後の動作をそのまま言ってるだけになってしまう。

 

片腹痛いという意味の「けつかゆい」(p.61)や、煽動するという意味の「けつかく」(p.61)も全く知らない。

田辺さんが聞いたことがないというのだから、私なら当然かも。

 

何しろ祖父が死んでからは、大阪弁の輝ける猥雑には私は縁遠くなってしまったので。(p.61)とある。

輝けるが秀逸な表現である。

 

若い頃は年寄りの言葉に耳を傾けないもので、そのせいでたくさんの知識を得る機会を失ってきたのだと思う。

自分が歳をとってから気づくものである。

 

 

「しり」のアクセントは、HL。

「けつ」は、HL。

 

「尻から出た虫のようにいう」は、HLLL HL HHH HLL HH。

 

「けつわる」は、HL HH。

「ばんざいする」は、HHHHLL。

「グリコ」は、LHL(~HLL)。

 

「けつからせんぐりに」は、HLLL ?LLLLH。

「せんぐり」は、?LLLH。

「けつから数えてみい」は、HLLL HHHHHL。

※「~みい」の部分で下降調HLでも上昇調LHでも言えるが、使い分けを上手く説明できない。下降調の方が自然。

 

「けつまくる」は、HL HHH。

「尻をまくる」は、HLL HHH。

 

「けつふく」は、HL HH。

 

「けつかゆい」は、HL HLL。

「けつかく」は、HL LH。

 

 

 

その4につづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月 2日 (日)

『大阪弁おもしろ草子』「けったくそ悪い」を読んで その2

大阪人はことに

「小便(しょ)」

に異常し好を有しているのではあるまいかと思われるくらい、愛着する。(p.58)

 

田川さんの、「」の使い方は好きである。

実際の発音にできるだけ近づけようとする意図が、大阪弁をちゃんと理解している感満載なので。

 

この下付の「 」も、撥音の軽快さを示している。

しっかり言う「ン」とは違うということである。

 

しっかり強調してダメだという時の、「あきまへん」の「ん」は下付では座りが悪い。

それに比べると、小便は下付のンの方がしっくりくる。

 

大阪弁のセリフを言わせるときは、わざわざこのルビを振るという。

東京人の編集者が勝手に「しょうべん」に直してしまうというのは、無粋というか無知というか。

 

方言に対する適切な表記を理解してもらえる編集者と出会えたんだろうか。

今となっては聞く術もないが。

 

この著書でも、いちいち説明したんやろうなと。

私も以前に「しゃあない」とは書かないけど、「しょうがない」と書いたら「しようがない」に修正されて、再修正を要求した。

 

そこは軽口で伝えたいところなんで、と説明したが、まだまだ大阪弁は書きことばには向かないのかもしれない。

だから、余計にこの下付の「 」はいいと思える。

 

なお、下付で表記するけど、モーラ性は感じる。

この「 」によって、CVN音節の意識が強まるかと言えば、そうでもない。

 

さて、「小便する」は商売用語で「商談を解約する、取り消しする」という意味。

ちなみに「ババかける」は、「品物は取って代金は払わぬこと」の意味である。

 

日常語として、「しょ」という発音ではあるが、それほど頻繁に使う言葉ではない。

これは、世代と生活環境によるものだと思う。

 

 

「しょ 」のアクセントは、HHHH。

「小便する」は、HHHHHH。

「ババかける」は、HH LLH。

 

 

 

その3につづく。

 

 

 

2020年7月16日 (木)

またお知らせ:ブログ内記事を参照されたい方へ

前回同様、閉鎖のお知らせではありません。

不定期ですが、生きてる限り更新します。

 

さて、ついこないだ、シリーズ最長のその17まで、1年近くかかってしまいました。

このブログのインデックスサイトを紹介しておきます。

 

ココログから検索するのは大変なので、題名ごとに取りまとめたのが以下のサイトです。

 

福盛貴弘の大阪弁エッセイ

 

あちらには、新規記事は一切ありません。

田辺聖子さんの原著の1章分について書き終えたら、更新されます。

 

ここでの記事の転載についてはご自由になさっていただいて結構です。

間違いも含めて一興ということで。

 

言語研究者の方々が、ここから用例を拾ってもらうのも自由です。

1970年生まれ、大阪府大阪市城東区関目で過ごした1人の男の大阪弁の記録です。

 

ということで、そのうち その2で再開します。

 

 

 

 

 

2020年7月13日 (月)

お知らせ:大阪弁アクセント

その1を書き始める前に書いておけばと思ったのですが、今のタイミングということで。

閉鎖ではありませんので。無駄に引っ張ってげんなりさせる気もありません。

 

一つは、このブログにメモしてきたアクセントを全部発音して動画にしました。

一括してまとめた原稿は以下のリンク先にあります。

 

「いかにも大阪弁のアクセント資料」『北海道言語文化研究』18号

 

紹介記事は、「声とアクセンと私」 に載せています。

動画は、「あ」「くけ」「た」「にぬねの」「らりるれろ」などの見出し項目で挙がっています。

 

元の原稿に結構な数でアクセント表記の誤植があったので、そちらは動画内で訂正しています。

Youtubeチャンネル内の説明欄でも訂正については示しておきましたので、参照の際にはそちらもご覧ください。

 

YouTubeチャンネル「福盛貴弘」

 

ブログ内の誤植は、めんどくさいんでそのまま放置しておいて、老後時間が取れたらのんびり修正します。

 

 

なお、大阪弁アクセントについては、以下の論考でも示しています。

ご興味ある方はご笑覧ください。

 

「エセ大阪弁の音声学的特徴 」

 

「「大阪方言2000文」のアクセント 」

 

 

 

 

 

 

2020年7月 4日 (土)

『大阪弁おもしろ草子』「けったくそ悪い」を読んで その1

大阪弁を光輝あらしめているのは、さきにのべた淫風とともに生々たる猥雑さであろう。(p.57)

 

これも一理あるし、それだけではないというのもあるし。

毒舌というのはちょっと違う。笑いがあるからというのも逃げである。

 

ボロカスに言ってるのが生き生きしている。

ただ、そういう人ばかりではないのも事実である。

 

私の所見として、大阪の人間の8割は面白くない人というのがある。

クラスにそんなに面白い人がいなかったということから考えても、フェルミ推定的にそんなに間違ってないと思う。

 

みんながみんな、お楽しみ会で漫才やコントをやっていたわけではない。

私は漫才の難しさに、これは無理やと思ってコントしかやらなかったし。

 

いとしこいしを見て笑っていて、上岡龍太郎を見てあんなふうに喋れればなあと思っていて。

でも、真似をしたところで私やないし。

 

パロディでコントするんやったら、あこがれてないものにしよう。

そうなると、欽ちゃんかひょうきん族になっていた。

 

ドリフは好みというよりは、作り込みすぎてるから、教室でやるのは難しいと思った。

そんなに真剣に練習してもなあというのもあったし。

 

漫才で子供の世間話が面白いと思わなかったし。

少年漫才は少年漫才で終わってしまう。

 

だからといって、淫風や猥雑さを入れたら子どもの漫才ではなくなる。

子供らしさは鮮度が落ちるのが早いし。

 

もちろん漫才ブームも見てるし、やすきよで笑ってたし、ダウンタウンを見た時には度肝を抜かれた。

でも、その路線にはあこがれず。無理やと思ったんで。

 

私にとっては、1970年代後半から80年代前半、関目小学校の頃の笑いがどうしても基盤になっている。

ことばは小学生のころにほぼ固まるが、私にとっての笑い感もそうであった。

 

 

 

 

 

「ボロカス」のアクセントは、HHHH。

 

「いとしこいし」は、HHHHLL。

「上岡龍太郎」は、HHHH HHHHH。

「やすきよ」は、LLLH。

 

 

 

その2につづく。

 

 

Owarai_conte_konto

2020年6月19日 (金)

『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その17

気づいたら、その17までいってた。

こまごまと分けて書いてたら、こんな感じに。

 

さて続きはと思って本を開いたら、あとは表現だけで済みそう。

これならすぐに書けそうなので、手を付けておく。

 

「のん」(疑問、質問)、「へん」(否定、打消)は女性語尾とある(p.55)が、そうでもない。

女は「行かへんのん」、男は「行かへんのんか」となっているが、私にはその性差は感じない。

私が女性化したとは思えない。「行かへんのん」は普通に使える。

「か」で強くぶつける感じが、女には言いにくいということなのだろうか。

 

なお、「へん」は、前の動詞語幹末がイ段で終わる時は、同化して「ひん」になる。

「見ィひんのん」となるのが普通で、私には「見いへん」はかなり変に感じる。

 

罵詈讒謗の表現については、これまで何度か出てきた。

「さらす」「けつかる」「こます」の命令形の例文が載っている。

 

「よう見さらせ」「おぼえてけつかれ」「やってこませ」「いうてこましたった」(p.55)

私にとっては、どれも使わない表現である。

 

 

「行かへんのん」のアクセントは、HLLLLL。

「行かへんのんか」は、HLLLLLH。

 

「見ィひんのん」は、HLLLLL。

 

「よう見さらせ」は、HL HHHL。

「おぼえてけつかれ」は、HHHHHHLL。

「やってこませ」は、HHHHHL。

「いうてこましたった」は、HHHHHHHLL。

 

 

この章終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月 1日 (月)

『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その16

「だッ」(p.54)の表記がこれまた絶妙なのである。

一読目の時には伝わってこなかったが、内省を繰り返しているうちに少しわかってきた。

 

私は「~だす」は理解語彙ではあるが、使用語彙ではない。

なんぼなんでも古すぎるというのが偽らざる感情。1980年代に、日常的に耳にした記憶が限りなくない。

 

「千円だ」と「千円だッ」の違いは、前者は「千円や」、後者は「千円出す」。

それが音声上でも違っているので、こういった表記になっているのである。

 

「だす」の「す」は脱落しているけれども、そこに何かあることを伝えたいので若干力が入る。

その分が促音として聞こえているということ。

 

これは、「おます」の「おま」でも、よく観察すれば同様のことが言える。

とはいえ、「つるこうでおまっ」以外に、ほとんど私は耳にしないけれども。

 

「だ」の表記も示されている。分からなくもない。

文法的には規範的な感じがするが、スの下付けが表記法として規範的ではないという矛盾を抱える。

 

 

 

 

「千円だ」のアクセントは、LHLLL。

「千円や」は、LHLLL。

 

「千円だす」は、LHLLLH。(末尾は強調上昇調)

「千円だッ」は、LHLLHH。(末尾は強調上昇調)

 

 

その17につづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年5月 6日 (水)

『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その15

「だッ」「だす」「だっせ」「だっか」「でっせ」「でっか」(p.53)は、田辺氏の周りの男性ではまだ健在のようである。

1984(昭和59)年ごろの感覚である。

 

私は当時は中学生。

この語形は、私の世代ではすべて使われていないと言える。

 

前者4つは、古めかしさしか感じない。後者2つは、さんまさんぐらいしか使ってない。

そんな感じであった。

 

吉本がDESSE JENNY(デッセジェニー)を作ったのは1987年。

さんまさんが、銭でっせを引っくり返して命名したと。

 

ときめきタイムリーで、ダウンタウンがさんまのような大阪弁を東京で使うのはどうかと相談していた。

ということで、ダウンタウンの世代(1963年生まれ)でもこれらの語形は、使用語彙ではないと言える。

 

「ほんまでっかTV」の「でっか」も、ネタとしか思えない。

さんまさんは1955年生まれだが、この世代は実際に使っていたのかが分かれる世代では。

 

1984年に1955年生まれは、29歳。

翌年、今年で30、知っとるケのケを歌うことになる。

 

田辺さんは1928年生まれ。1984年は56歳。

10歳下が使っていたら健在という感覚で、それより下だと若い人でもと書くような気がする。

 

 

 

「デッセジェニー」のアクセントは、LLLHLL。

「銭でっせ」は、LLHLL。

 

「ほんまでっか」は、LLLLLH。

 

 

 

その16につづく。

 

 

付記

ときめきタイムリーの話は、「上方芸能の都々逸について」で少し触れた話。

執筆した後、刊行前にタイヘイ夢路さんがお亡くなりになったのを契機に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年4月10日 (金)

『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その14

「あんたのこと、聞いたしィ」

「何聞いたン。誰に聞いたン」

「○○サンに聞いたしィ。この秋に結婚する、いうてはったしィ。ほんまか。言いよし」(p.53)

 

「~よし」は女性語であるが、日常生活でほぼ耳にした記憶はない。

ドラマか映画か、何らかのフィクションで喋っているのをというのがかすかな記憶である。

 

ただ、作品名を思い出せない。

そういう記憶力は、途端に低くなるのというのが、私の脳である。

 

娯楽ものなら思い出せることはあるのだが、文芸作品となるとまるでダメ。

小説を読んでも筋が頭に入らないは、今は老化によって拍車がかかっている。

 

だから、民話などを記述調査するのは向かないだろうと思っている。

シナプスの大量死が終わってからは、文学作品に対する記憶はほぼ残らないようになった。

 

シナプスの大量死って子どものころやから、老化は関係ないやんけ。

そんな分かりにくいボケをするな、というのは無視して話を進める。

 

気になるのは、「しィ」。これが、田辺さんの世代から見て若い人では廃れているとのこと。

京都にはあるが大阪では使わないと。連載時1984~85年ごろの感覚である。

 

「しィ」はそんなに廃れていたんかなあと思いつつ、これは自身がない。

まず、女性語なので、自身で内省はできないので。

 

当時の女の子の口調はさすがに思い出せない。

香ちゃん、そんな言い方してへんかったよなあとは思いつつ、してたんかもしらん。

 

だから、イントネーションが浮かんでこない。

この音調が分かれば、脳への刺激が賦活して、記憶が甦るかもしれないのだが。

 

 

「~しィ」「~よし」のイントネーションは自信がない。

「~しィ」は高平でいいんだろうか。

「言いよし」は、HHLLで行けそうな気がするけど。

 

それ以外のアクセントは示しておく。

「あんたのこと、聞いた」は、LLLL HL HLL。

 

「何聞いたン」は、LL HLLL。

「誰に聞いたン」は、HHH HLLL。

 

○○には仮に山田を入れておく。

「山田サンに聞いた」は、LLLLLL HLL。

「この秋に結婚する」は、LL LHL HHHHHH。

「いうてはった」は、HHHHLL。

「ほんまか」は、LLLR。 LLHLというとさんまさんの感じになって、私の母方言ではなくなる。

 

 

その15につづく。

2020年3月15日 (日)

『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その13

小説で書くといえば、「か」も困ったものである。

上方の女の子が、「そうか」というときの「か」の軽さ、やわらかさ、これは文字では出ない。「そうか」と書いたのでは男言葉である。(p.51)

 

この感覚は、優れた田辺氏の作家としての感性に基づくものであり、極めて重要な内省である。

そして、この感覚は私は持ち合わせていない。

 

というのも、そういった柔らかい「か」を使う女性が、今現在周りにいないので、観察しようがないのである。

昔を思い出しようにも、女性語というのは全く内省はきかないので。おそらく軽微な曲線上昇調なのだが。

 

実際のデータがあれば。かといって、この時期に調査に出かけるわけにもいかず。

また、ただ大阪の女性というだけでは条件不足で、ある程度しゃべってみて、観察しないとどうしようもない。

 

ということで、「せえへんか」「ほんまに知らんのんか」の「か」については、いずれ補遺として改めて書きたい。

文脈が分かる音声データを入手でき次第ということで。

 

「か」から「かい」になると、これは劃然と男性語(p.51)という指摘は、素直には首肯できない。

確かに、どちらに重きを置くかなら男だが、劃然というほど明確ではないように感じている。

ただ、「誰が行くかい」という反語表現を発する女性がいても違和感はない。

そういうやつなんだと思うだけのことなので。

 

「かいな」は男女共用(p.51)は、素直に首肯できる。

ただ、私は使うけど、だいぶ古くささを感じるので、引越しのサカイの「ほんまかいな、そうかいな」も今の若者は言わないのでは。

 

「そこにあるやないかいな」「そこにあるやんかいな」がごく普通に使われている(p.52)のは、私は理解はできる。

ただ、さすがにもう使っていない。若い世代にとっては、かなり古くさい言い回しのような気がする。

 

さて、この系列として「がな」が触れられている(p.52)が、かなり性質が異なる。

「これやがな」は断定の度合いが強く、田辺氏の指摘通り、飄逸味はなく野暮ったい。

 

そして、これも若い世代に敬遠されそう。

私は頻度は少ないものの使っているが。

 

 

「せえへんか」のアクセントは、HLLL+R。

「ほんまに知らんのんか」は、LLLL HLLLL+R。

 

「誰が行くかい」は、HHH HHHL。

 

「そこにあるやないかいな」は、LHL LHLLLMLL。

「そこにあるやんかいな」は、LHL LHLLHLL。

 

「これやがな」は、HHLLL。

 

 

その14につづく。

 

 

 

 

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30