旅行・地域

2015年1月15日 (木)

大阪に次に行ったら、行っておきたいところ。


ミナミに行って、味園ビルに行きゃよかったなと。  CM
次にワッハ上方に資料調査で行く時には、寄ってみようと思った。

ついでに思ったのが、グランシャトー。  CM
京橋はいつも通っているんだから、寄ってみてもいいんじゃないかと。

ともに大阪に古くからあるレジャービル。
味園のキャバレーユニバースはつぶれたが、グランシャトーの香蘭は健在。

新しく建設された未知の大阪よりも、昔からある大阪探訪の方がいいかもしれない。
大阪で大人の生活をしていないので、余計にそういう経験を積んでみたい。

大阪に行って、大阪弁で東京から来たという苦悩。
そして、大阪弁でしゃべっているものの大阪を知らないという苦悩。

それなら、新しいところより古くからのところを手堅く固めてみようかと。
夏の大阪はどこに行くことになるんだろうか。

ひらパーに行ってたりして。














2013年6月 6日 (木)

マリンエクスプレス余談

「脳と飛行機と私」その2 2013-06-05 からの余談記事。



Kawasaki_kisarazu_2


川崎港⇔木更津港 フェリー


1997年4月に廃止。東京湾アクアラインができたせい。


我々世代にとっては、男女7人秋物語で有名なフェリー。


1995年8月に乗った。船室や甲板や階段を見てテンション上がりまくり。

関東に来てよかったと。


もう乗ることはない。

舟はどんどん廃止される。



宇高国道フェリーも2012年10月に廃止になったし。

宇野から高松にフェリーで行った方が安いし、運転手が休めるし。

瀬戸大橋よりメリットはあったんだが。




乗れるものは、病気をおしてでも乗っておきたい。


















写真はhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~fufufu/marine/index2.htmlを参照しました。


2012年12月 3日 (月)

エスカレーター 大阪と東京の違い

なんとなく「エスカレーターにおける東京と大阪の違い」について書いておきたくて、ブログ始めました。

↓ここに昔書いたつまらない原稿があります。
「関東」・「関西」という区分に関する文化地理学的一考察
―エスカレーターのどちら側を歩くという事例から―

エスカレーターで止まる位置と歩く位置が地域によってどう違うかを調べて書きました。
(たどり着かなければ、http://www.facebook.com/takahiro.fukumori.92の2007年3月を探してください。)

おおざっぱに言えば、近畿と東京を含むそれ以外で区分できます。
近畿を円として考えて、そのまわりがそれ以外です。

大阪をはじめとする近畿は右どまり左歩き、東京をはじめとするそれ以外は左どまり右歩きです。
この問題は、東京と大阪だけの違いではないということです。

書いた時の原稿での誤りとして
※仙台駅は左歩きが多いと思います。水戸駅・土浦駅は右歩きです。
があります。
JRの駅に電話をかけて駅員に答えてもらったので、一部誤ったデータになったようです。
(まだあるかもしれません。いずれ再調査したいものです。)

大阪でも左どまり右歩きになる時があります。
東京から新大阪に着いた時は、東京人の確率が高く、ホームから降りるエスカレーターでは、左どまり右歩きになることがしばしばあります。

基本的なパタンは周圏論的分布であったということには変わりません。

なお、エスカレーターのない駅では、この違いは当然ありません。
それから、エスカレーターで片方に寄るというのはバランスが悪いので、本来はやめた方がいいでしょう。

では。
フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31