心と体

2015年8月29日 (土)

「女性が理想とする男性の身長」

ということで、先の記事に書いた逆のバージョン。
2つのサイトから引用してみる。


[公開日:2015.03.18]

1位 175cm
2位 174cm
3位 180cm
4位 170cm
5位 178cm
6位 169cm
7位 183cm
8位 160cm
9位 165cm
10位 163cm



1位 176-178cm
2位 173-175cm
3位 179-181cm
4位 170-172cm
5位 182-184cm


さて、共に母数が分からないので、何とも言えない。
ただ、これらの数値から「男 175cm 60kg」ぐらいが理想なんじゃないかと。

その体重に追いつくのは簡単だが、身長は無理。
まあ、人の好みは千差万別なんで、理想エリアにいない方が幸せとも言える。

この思考から、昨日の記事も推定してみる。
そしたら、「女 155-160cm 45-50kg」ぐらいなんじゃないかと。

そう考えると、理想と言われているのは実は平均なんじゃないかと。
この値から外れていれば自動的に平均ではない生き方となる。

私は166cm 58kg。外れているからラッキーだと思う。

だからといって、波瀾万丈は勘弁である。



「男性が理想とする女性の体重」

以前に書いた記事の続き。
結構、真剣に興味がある。



Q.あなたにとって、女性の理想の体重は何kgですか?

1位「50kg程度」……27.1%
2位「45kg程度」……11.6%
3位「55kg程度」……9.3%
4位「53kg程度」……6.2%
5位「49kg程度」……5.4%
6位「48kg程度」……4.7%
6位「52kg程度」……4.7%
※8位以下は省略。その他は除く



身長によると思うんだが。
漠然と体重だけ言ってもしょうがないと思うんだが。

これは性別を逆にすると身長を聞くような気がする。
体重は自力でどうにかなるが、身長はどうにもならないので厳しい。

45~55kgの範囲に収束している。
この10kgはかなりの差で、誤差とは言い難い。

ただ、身長が120cmでもない限り55kgは太ってない。
140cmだとしても、肉のつき方によって変わるだろう

それぞれの性別に理想の体形はあるから、こういう調査はした方がいい。
中途半端な幻想を膨らませないためにも。

その範囲に収まらない人がどう生きるかは、それぞれの生き方の問題なので。
体重で選んだところで、体重は自在に変化するものなので。





2015年7月18日 (土)

「女子学生の身体状況並びに体型意識とダイエットに関する調査研究」

以前、Facebookに書いたんだが、FBは記事が流れてしまうんで。



>女子学生の理想身長は160.9±3.4cm、理想体重48.1±4.3kg、理想BMIは18.6±1.5であり、「やせ気味」体型を理想としている。

誤差が割と大きい気がするが。
こういう研究は女性主導でないと難しいかな。

152cm37kgという現実無視の男性の理想という記事があった。
以来、この手のことの実態、実感と実測値のズレが気になって仕方がない。

男性が思う理想身長、理想体重の女性と出会ったことがある。
細すぎて心配になる。

女性が思う理想身長、理想体重の女性と出会ったことがある
そういや、彼女がそうやった。たしかにいい。

誰を頭の中に浮かべたかは記さないでおく。
これを読んだ当人はすぐに分かるだろうけど。






2015年4月 7日 (火)

「脳と逆転と昼夜」2015-04-17より

「脳と逆転と昼夜」2015-04-17より


今回も時間軸を無視したリンク。
アメブロは事前に書いてるのが多いのでこういうことができる。

というか、生で書くと万が一何かまずいことを書いた時に対処できない。
少し寝かせて公開しないと。ねかせたからといって旨くはならないが。



昼夜逆転に対しての患者への注意というのは、それはそれで適切である。
ただ、病院の消灯時間は早すぎる。

まして、どうして個室でテレビの時間を制限されるのか。
そこのところはいまだに引っかかっている。

ちなみに転院後は、夜のテレビに関して特に何も言われなかった。
4人部屋だが、患者同士でも文句を言う人はいなかった。

イヤホンで聞いていれば、音漏れはない。
光はあるけど、カーテンで多少はさえぎられるから、気にならない。

寝られないことはしばしばある。
それでも寝ろというのは無理があるんじゃないかという話。

そもそも看護師さんの方が昼夜逆転しているのに。







2015年3月 6日 (金)

「脳と回診と記銘」その3 2015-02-28より

「脳と回診と記銘」その3 2015-02-28より


長谷川式認知症スケールのおまけ
計算課題で100から順に7を引くという課題がある。

あまりこの手の答えは書かない方がいいのだが、これは大丈夫だろう。
計算せず答えを覚えているだけでも、九九の暗記みたいな能力なんで。

100, 93, 86, 79, 72, 65, 58, 51, 44, 37, 30, 23, 16, 9, 2
このうち86までできればいいというものである。

もともと単純計算は得意なんで、この能力は質問が分かれば対応できた。
質問が分かればというのが重要なんだが。

で、ひたすら最後まで引き続けていた。
これが入院中の話であった。

退院後に予想を裏切ることをやったのだが、その話はいずれ本編で。

2014年11月27日 (木)

「脳と味付けと私」 2014-11-22より

脳と味付けと私」 2014-11-22より


特に向こうからのリンクはない。
こっちから勝手に発信中。

なんでかって?
次にこのネタを書く時の、プライオリティーの確保のため。



(1)カルシウムや鉄分など栄養素がいっぱい。
(2)整腸作用あり。
(3)コレステロールゼロ。

♪幾千分ものかき混ぜ こえて巡り合った豆
糸引いて においきつくない
これからそこまで歩いて 器によそいに行くのさ
鉄分とカルシウム 栄養がいっぱい 

このネタを書きたかっただけ。
また、納豆のネタを書く日は来るだろうから。









2014年10月13日 (月)

「脳とやることと明日」 2014-10-13より

「脳とやることと明日」 2014-10-13より


さすがに何のことか分かんないですよね。
特に最後の「最期の~」の部分。

これは明石家さんまさんの「死ぬ時にあひるが1匹いればいい」が基です。
裸で生まれてきたんだから、最期に何かいれば十分だろうという旨だったと。

で、めんどりやったら、卵産んでくれるなあと思って、めんどりに勝手にアレンジしました。


Photo

ピグライフでは、まだめんどりがいないので、アヒルを連れ歩いてます。




2014年10月12日 (日)

「脳と台風と野菜」 2014-10-11より

「脳と台風と野菜」 2014-10-11より


一難去ってまた一難。
また、台風がやってくる。

ストレスたまるなあ。
対人ストレスよりはましやけど。






2014年8月20日 (水)

「蚊にと刺されたと私」 2014-08-20より

「蚊にと刺されたと私」 2014-08-20より

余談。

入院中は、冬から春だった。
だから、蚊に食われていない。

もし、意識が混乱している時に蚊に食われたらどうなるんだろう。
想像できない。

こっちまでたどりついた方、コメントをください。
といっても、こっちのブログは読者が限りなくいないんで無理やと思うが。






「脳と失うと戻る」 2014-08-17より

「脳と失うと戻る」 2014-08-17より

見た目が同じ症状でも、回復に向かっている人と、どんどん機能が失われていく人とでは、気持ちは異なるに違いない。

うまくしゃべれない、字が書けない、歩けないなどに関して、できる人ができなくなると、できない人ができるようになるでは気の持ちようが違う。

だが、どっちに向かおうとあきらめてはいけない。
そして、頑張りすぎてはいけない。

単純に、頑張りすぎたら疲れるから。




ちなみに見たドラマは「1リットルの涙」 。
今さら再放送で、はじめて見た。

脳の病気はできない状態から回復していく。
その逆はつらいだろうと想像はできる。

回復途中で悪化すれば回復から遠ざかることもある。
そうなった時に、ようやく実感できることなんだろう。

想像では伝えにくい「私は生きています」。
どちらの方向でも、そう思い続けて生きていきたいものである。



私は徐々に回復している。
だからこそ、ご笑覧してもらいたいのである。

どちらであっても楽しく生きられるよと。
頑張らなくてもいいから、楽しく生きようと。









フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30