« 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その17 | トップページ | お知らせ:大阪弁アクセント »

2020年7月 4日 (土)

『大阪弁おもしろ草子』「けったくそ悪い」を読んで その1

大阪弁を光輝あらしめているのは、さきにのべた淫風とともに生々たる猥雑さであろう。(p.57)

 

これも一理あるし、それだけではないというのもあるし。

毒舌というのはちょっと違う。笑いがあるからというのも逃げである。

 

ボロカスに言ってるのが生き生きしている。

ただ、そういう人ばかりではないのも事実である。

 

私の所見として、大阪の人間の8割は面白くない人というのがある。

クラスにそんなに面白い人がいなかったということから考えても、フェルミ推定的にそんなに間違ってないと思う。

 

みんながみんな、お楽しみ会で漫才やコントをやっていたわけではない。

私は漫才の難しさに、これは無理やと思ってコントしかやらなかったし。

 

いとしこいしを見て笑っていて、上岡龍太郎を見てあんなふうに喋れればなあと思っていて。

でも、真似をしたところで私やないし。

 

パロディでコントするんやったら、あこがれてないものにしよう。

そうなると、欽ちゃんかひょうきん族になっていた。

 

ドリフは好みというよりは、作り込みすぎてるから、教室でやるのは難しいと思った。

そんなに真剣に練習してもなあというのもあったし。

 

漫才で子供の世間話が面白いと思わなかったし。

少年漫才は少年漫才で終わってしまう。

 

だからといって、淫風や猥雑さを入れたら子どもの漫才ではなくなる。

子供らしさは鮮度が落ちるのが早いし。

 

もちろん漫才ブームも見てるし、やすきよで笑ってたし、ダウンタウンを見た時には度肝を抜かれた。

でも、その路線にはあこがれず。無理やと思ったんで。

 

私にとっては、1970年代後半から80年代前半、関目小学校の頃の笑いがどうしても基盤になっている。

ことばは小学生のころにほぼ固まるが、私にとっての笑い感もそうであった。

 

 

 

 

 

「ボロカス」のアクセントは、HHHH。

 

「いとしこいし」は、HHHHLL。

「上岡龍太郎」は、HHHH HHHHH。

「やすきよ」は、LLLH。

 

 

 

その2につづく。

 

 

Owarai_conte_konto

« 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その17 | トップページ | お知らせ:大阪弁アクセント »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その17 | トップページ | お知らせ:大阪弁アクセント »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31