« 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その16 | トップページ | 『大阪弁おもしろ草子』「けったくそ悪い」を読んで その1 »

2020年6月19日 (金)

『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その17

気づいたら、その17までいってた。

こまごまと分けて書いてたら、こんな感じに。

 

さて続きはと思って本を開いたら、あとは表現だけで済みそう。

これならすぐに書けそうなので、手を付けておく。

 

「のん」(疑問、質問)、「へん」(否定、打消)は女性語尾とある(p.55)が、そうでもない。

女は「行かへんのん」、男は「行かへんのんか」となっているが、私にはその性差は感じない。

私が女性化したとは思えない。「行かへんのん」は普通に使える。

「か」で強くぶつける感じが、女には言いにくいということなのだろうか。

 

なお、「へん」は、前の動詞語幹末がイ段で終わる時は、同化して「ひん」になる。

「見ィひんのん」となるのが普通で、私には「見いへん」はかなり変に感じる。

 

罵詈讒謗の表現については、これまで何度か出てきた。

「さらす」「けつかる」「こます」の命令形の例文が載っている。

 

「よう見さらせ」「おぼえてけつかれ」「やってこませ」「いうてこましたった」(p.55)

私にとっては、どれも使わない表現である。

 

 

「行かへんのん」のアクセントは、HLLLLL。

「行かへんのんか」は、HLLLLLH。

 

「見ィひんのん」は、HLLLLL。

 

「よう見さらせ」は、HL HHHL。

「おぼえてけつかれ」は、HHHHHHLL。

「やってこませ」は、HHHHHL。

「いうてこましたった」は、HHHHHHHLL。

 

 

この章終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その16 | トップページ | 『大阪弁おもしろ草子』「けったくそ悪い」を読んで その1 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その16 | トップページ | 『大阪弁おもしろ草子』「けったくそ悪い」を読んで その1 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31