« 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その7 | トップページ | 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その9 »

2019年11月14日 (木)

『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その8

「いくねん」「するねん」「ウチ、まだ知らんねん」「結婚したいねん」(p.48)

「ねん」は意思表明であり、強調であり、確認であり。だから、「なんでやねん」というツッコミが成立する。

 

相手からの返答やあいづちは必ずしも求めていない。

男女共用であることはもちろん、これは今でもさすがに死んでないだろう。

 

「ね」が軽く消失してしまう憾みがある(p.48)というのが、ピンとこなかった。

ンが弱まった言い方の場合ということなんだろうが、「嫌やねン」の時だろうか。

 

これは、世代差ではなく、私が理解できないだけなのかもしれない。

女の言い方でのかわいらしさなら、すっと理解できるんだが。

 

「ねん」の後ろにさらに続いて、「ねんわ」「ねんな」「ねんで」「ねゃ」(p.48)と展開する。

「ねんな」「ねんで」はともに念押しが強く加わる。「ねんで」の方が相手への圧は強い。

 

「ねんわ」は内省してみたんだが、どうもしっくりこない。

「すんねん」「するわ」はともに問題ないが、「すんねんわ」となると、理解レベルでもハテナが飛び交う。

 

ググってみたら、谷崎潤一郎の『卍』で「神経でそんな気イするねんわ 」というのがあったが、彼はネイティブではない。

また、見た目は1150件ヒットだったが、精査すると延べでも50件強。「すんねんわ」でも同程度の値。

 

使う人に違和感がない人はいるんだろうけど、私のように違和感がある人の方が多いと推測した。

「ねん」の意思表明が強めなのに、そこに「わ」という弱めの主張、あるいは詠嘆というのがあわないからかもしれない。

 

「ねんな」「ねんで」「ねゃ」は強いもん同士がくっついたから、さらに強く主張となるから違和感がない。

「ねんわ」については、少し調べる価値がある。

 

「ねゃ」という表記はいい。田辺さんの感性による、時折小文字が入った大阪方言表記は、結構的を射ている。

ただ、私は「すんねゃ」より「すんねや」と「や」が強い。「ねゃ」は古くさいとは言わないが、私は言わないなと。

 

なお、吉本新喜劇のたつじいこと井上竜夫の「おじゃましまんにゃわ」は、やはり「にゃわ」である。

 

 

「いくねん」のアクセントは、HHLL。

「行く」は、HH。

 

「するねん」「すんねん」は、HHLL。

「する」は、HH。

 

「ウチ」は、HL。

「まだ」は、LH

「知らんねん」は、HHHLL。

「まだ知らんねん」は、LL HHHLL。

「知る」は、HH。

 

「結婚したいねん」は、HHHHHLLLL。

「結婚」は、HHHH。

「結婚する」は、HHHHHH。

「結婚したい」は、HHHHHLL。

 

「嫌やねン」は、HHLLL。

「嫌」は、HH。

「嫌や」は、HHL。

 

「すんねゃ」は、HHL。

「すんねや」は、HHLL。

 

「おじゃましまんにゃわ」は、LLL LLL LH。

 

 

その9につづく。

 

 

 

 

 

追記

青空文庫でヒットした「ねんわ」は、以下の4件。

 

袋帯を 止 ( や ) めにせなあかん、袋帯云うもんがあかんねんわ 谷崎潤一郎 細雪
きょうは早う帰らんといかんねんわ 谷崎潤一郎 卍
神経でそんな気イするねんわ 谷崎潤一郎 卍

あなたや咲子さんにご迷惑をかけると思って、つつしんでおりましたねんわ 久生十蘭 猪鹿蝶

 

 

 

 

 

 

« 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その7 | トップページ | 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その9 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その7 | トップページ | 『大阪弁おもしろ草子』「そやないかいな」を読んで その9 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29