« 『大阪弁おもしろ草子』「ちちくる」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁おもしろ草子』「ちちくる」を読んで その6 »

2019年4月22日 (月)

『大阪弁おもしろ草子』「ちちくる」を読んで その5

「てかけ(p.32)」というのは、今さらながらすごい直接的やなと。

「めかけ」の「目をかける」をこえて、「手をかける」からなので。

 

「そばめ(p.32)」は知らない語彙であったが、これはそばに置く女ということだろう。

そばというのが、時代がかっている。側室感が強く、そばに置くというのは、今どきありえない関係であろう。

 

著者は、「てかけ」に対する「厚顔さを憎む(p.32)」に対して、「そばめ」に対する「べつに引っかからない(p.32)」という所感である。

直接的ではないからか、時代小説で慣れてしまっているからか。

 

目をかけてそばに置き、手をかけるが、妥当な順番なのか。

あるいは、目をかけて手をかけたから、そばに置いたのか。

 

女性に対するこういう語彙は、今の時代ではどんどん使えなくなる。

でも、辞典に残さなければ、過去の話は分からなくなる。

 

使用語彙でなくても、理解語彙であればいい。

昔の話を読むためには、こういう語彙も知っておく必要はある。

 

『大阪弁ちゃらんぽらん』の時にも出てきた、妊婦を「ぼてれん(p.33)」というのもそう。

擬態語からのストレートな表現。語形成としては自然なので、言語学的観点からは受け入れざるを得ない。

 

私の子供のころには、「ぼてれん」は使わず、「はらぼて」だった。

昭和50年代では、ごく普通に使っていた。私の中ではいつの間にか使わなくなっていた。

 

今の大阪で使われているかどうかは、20年以上離れているので実態は知らない。

まあ、公の場で使われていないのは昔からそうなので、若者にとってはきっと死語だろう。

 

 

 

「てかけ」のアクセントは、LLH(~HHH)。

「めかけ」は、HHH。

「そばめ」は、LLH。

 

「ぼてれん」は、LLHH。

「はらぼて」は、LLLH。

 

その6につづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 『大阪弁おもしろ草子』「ちちくる」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁おもしろ草子』「ちちくる」を読んで その6 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『大阪弁おもしろ草子』「ちちくる」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁おもしろ草子』「ちちくる」を読んで その6 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2019年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30