« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「タコツル」を読んで その2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「タコツル」を読んで その4 »

2017年10月23日 (月)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「タコツル」を読んで その3

接頭語には「ド……」をつけたらよいとすると、これに対応して接尾語には、
「くさる」
「さらす」
「けつかる」
「こます」
などというのがあり、すべて動詞活用形下につけて活用すると、怒罵とみに生彩を帯びて、輝やかしくなる。(p.199)

この章は、とにかく卑罵語が多くて、懐かしい。
方言の卑罵語は、その地域でしか使わないのが通常であろうから。

「くさる」の例文はないのだが、「~しくさって」が多いか。
共通語に訳すると「しやがって」だが、迫力がなくなる。

「やがる」は江戸っ子も使うが、大阪弁の「さらす」は一段と語意が強い(p.199)とのこと。
「何しやがる」よりは、「何さらすねん」の方が迫力があり(p.199)、間違いなくガラが悪い。

なお、「何さらすねん」は「何さらしとんねん」「何さらしてんねん」というように「~とる」「~ている」で言うこともできる。
「何しやがっている」は、私の内省ではありえない。

「けつかる」は「何ぬかしてけつかる」(p.199)が例示されている。
私はこの基本形を聞いたことがなく、「何ぬかしてけつかんねん」が最もなじむ。

古くは「けつかる」で、「けッかる」は近代風とのこと(p.200)。
ただ私は詰まって言わないので、「なンかッさらッけッかるねン!」(p。200)を聞いてもすぐには理解できない。

この例では、「さらす+けつかる」の構造になっている。
「何しくさってけつかんねん」のように「くさる+けつかる」は言えるが、「こます+けつかる」は無理。

「こます」は自分のことをいうとある(p.200)が、違和感がある。
「いうてこましたった」(p.200)は私は知らない。

「こます」で思い浮かぶのは、「いてこます」で、おそらく「いうてこます」の縮約形だろう。
共通語に訳すると、「やってしまうぞ」なんだが、やはり迫力がない。


「くさる」のアクセントは、HHH。
「しくさって」は、HHHHH。

「さらす」は、HHH。
「さらすねん」は、HHHLL。
「さらしてんねん」は、HHHHHLL。

「けつかる」は、HLLL。
「けつかんねん」は、HLLLLL。

「こます」は、HHH。
「いてこます」は、HHHHH。


その4につづく。




« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「タコツル」を読んで その2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「タコツル」を読んで その4 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/65952125

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「タコツル」を読んで その3:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「タコツル」を読んで その2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「タコツル」を読んで その4 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31