« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ぼろくち」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ウダウダ」を読んで その2 »

2017年6月19日 (月)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「ウダウダ」を読んで その1

「ウダウダ」pp.184-196

「ウダウダいうとる」(p.184)
「ウダウダいいなはんな」(p.185)

くどくどほど、何度も繰り返されるくどさはない。
また、くどくどはなんやかんや言ってる内容は明白である。

ぶつくさほど、文句をつぶやいているわけでもない。
ごちゃごちゃやごじゃごじゃほど、明白な文句を怒鳴ってるわけでもない。

気が強いかどうかは問わないが、なんか言うてる感じ。
でも、もごもごよりは聞き取りやすい。

それを言うんやったら、言わん方がましって感じ。
もごもごよりはましだが、なまじ聞こえる分、喋んなって言いたくなる。

しょうもない話より、もっとどうにもならない感じ。
少なくとも笑いのセンスは全く感じられない話し方。

なんかよう分からん、とりとめのつかんことを終わりが見えずに喋ってる感じ。
それが私にとっての「ウダウダ」の印象。

今は、「ウダウダ」よりは「ぐだぐだ」の方が使われている気がする。
ただ、ウダウダの方が不透明感がある。

ぐだぐだは頑張っても無理な感じがするが、ウダウダはある種計算でもできる。
意図的にこの話をうやむやにしたい時には、ウダウダ喋るのはちょうどいい。

相手が怒ったとしても、やがて呆れて、それ以上の相手をしなくなる。
そうなれば、ある意味しめしめというものである。

また、当人にとってはちゃんとしたことを言ってるつもりであっても、聞き手にとってよう分からんことを喋っていると、ウダウダが使える。

「婦人週間ちゅうのは何やねん、あれ。何やしらんオナゴが集まってウダウダいいうとるだけのこっちゃないか」(p.187)

政治家の発言は、結構な人がウダウダ言うとると思ってるかもしれない。



「ウダウダ」のアクセントは、HLLL。

「くどくど」は、HLLL。
「ぶつくさ」「ごちゃごちゃ」「ごじゃごじゃ」「もごもご」も全てHLLL。

「ぐだぐだ」は「ぐだぐだ言う」であれば、HLLL。
ただし、単独で名詞として使う場合は、LLLH。
これは「ウダウダ」でも言えるが、他の例ではこの用法はない。



その2につづく。





« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ぼろくち」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ウダウダ」を読んで その2 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/65429533

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ウダウダ」を読んで その1:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ぼろくち」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ウダウダ」を読んで その2 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31