« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あもつき」を読んで その1 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかめつる」を読んで その1 »

2017年3月30日 (木)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「あもつき」を読んで その2

祖母は、外から買えると何々に金を使ったか、洟紙(はながみ)に、鉛筆をなめなめ、書いていたが、それがおかしかった。
「一、すこん 一、おかしん 一、まめさん 一、おまん 一、けつね」(p.157)

「すこん」は「酢こんぶ」、「おかしん」は「お菓子」、「まめさん」は「小さな塩豆」、「おまん」は「饅頭」、「けつね」は「きつねうどん」を指す。場面や文脈があれば、聞いて理解できる語彙だが、どれも使わない。

「まめさん」が「塩豆」を指すのは、私では容易に想像しにくい。
「けつねうろん」は河内なまりとあるが、「うどん」を「うろん」と言う以前に、私は「けつね」も使わない。

「シ」が「ヒ」になる、例えば「七(ヒチ)」「質屋(ヒチヤ)」は今でもそう言う時がある。
一方で、「キ」が「ケ」になるのは、おそらく使っていない。「ケ」で思いつくのは「けーへん」ぐらいか。

「来る」に打消しの「~へん」がついたら、「けーへん」と言う。「きーひん」は使わない。
よそ行きの大阪弁の時には、いわゆる新方言の「こーへん」を使うことがある。

「する」は「せーへん」。これを「しーひん」とは言わない。
ただ、「する」の場合は、「せぬ」なので「せ」で違和感がない。

「来る」は「来ぬ」だから、「けーへん」じゃなく「こーへん」が生じる。
しかし、これは「キ」が「ケ」ではない。だから、私の内省では「キ」が「ケ」になる語彙が思いつかない。


モチのことを祖母や曾祖母、掛人(かかりゅうど=居候)の老女などは「あも」といっていた。歯のぬけた老女達が「あもを沢山(ようけ)いただいて」などと笑い合う。(p.158)


この章のタイトル「あもつき」の「あも」がようやく登場。
私の脳内には全くなかった語彙で、これは聞いても容易に想像できない。

「あもつき」は「餅つき」のこと。
「正月きたら、あも搗いて……」という子守歌(p.160)があるそうだ。

さて、最後に近松の『関八州繋馬』に、以下の文言があるとのこと(p.161)。
「今宵はお寝間でしっぽりと、お二人のあもつき」

「もちつき」の意味だと分かりにくいが、こっちの例だと分かりやすい。
熊八中年[注]の「何となく、卑猥な語感でしたなあ」(p.160)も分からなくはない。




「はながみ」のアクセントはHHHH。
「すこん」はLHH~LLH。
「おかしん」はLHLL。「お菓子」はLHL。
「まめさん」はLHLL。「豆」はLH。
「おまん」はLHL。「饅頭」はHLLL。
「けつね」はLLH。「けつねうどん」はLLLHLL。

「あも」は、私の内省ではLH。
知らない語彙でも私のアクセントだとどうかということについて、これまで記してきたが、「あも」はゆらぐ。HHでもいいかもしれない。HLは違う気がする。
「あもつき」は、HHHL。「もちつき」がHHHLなんで、そこからの類推でそう言う。


追記
・京の御所ことばとして挙がっている例(p.158)
「お豆」LHL。
「おながもの」はうどんのこと。LLLLH。
「いともの」は素麺のこと。LLLH。LHLLだと「糸でできた製品」となる。
「おしわもの」は梅干しのこと。LLLLH。

・大阪弁で「うまくない」というのを「もみない」といい(p.159)
私は使わない。
「もみない」はLHLL。
「うまくない」は「LHL LH」
「うもない」はLH LH。「うもない」から類推するとLHLHだが、「もみない」はLHLLの方がしっくりくる。


[注]熊八中年 本文にしばしば登場する野卑で下ネタ好きな男性。







この章終わり。





« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あもつき」を読んで その1 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかめつる」を読んで その1 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/65083876

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あもつき」を読んで その2:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あもつき」を読んで その1 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかめつる」を読んで その1 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30