« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ねちこい」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんだらめ」を読んで その2 »

2017年2月 4日 (土)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんだらめ」を読んで その1

「あんだらめ」pp.140-150

これは大阪弁感覚があればすぐに分かるが、そうでなければピンと来ないかも。
「あ」と「ん」の間に「ほ」を入れればわかるかと。

ぞんざいに言った時に、「ほ」が弱化して脱落してしまった言い方。
これは大阪弁だから落ちるというわけではなく、個人差がある。

ということで、この章は罵詈讒謗をあらわすことばの特集となる。
こういうのは学術ものではあまり書かれてないんで、こういうブログの方が気楽。


ケンカの時に相手を罵る語としては、
「おんどれ」「われ」
「ガキ」
「ド畜生」
などあり、相手が若いときは
「小便タレ」
などともいう。 (p.142)


「おんどれ」「われ」は確かに大阪弁だが、摂津弁ではないような気がする。
また、ガラが悪い、喧嘩が好きだという性格でないと、使わないと思う。

「おんどれ」は「おのれ>おんどれ」という変化か。
「の>ん」はよくある変化だが、そこに「ど」が入るのが面白い。

となると「おのれ>おどれ>おんどれ」かもしれない。「の>ど」という変化については可能性としてはあるけど、他に類例を見つけないとそうにちがいないと断言することはできない。

「われ」は自分自身のことを指すわけでなく、相手のことを指す。
「自分」「われ」を2人称として使う大阪弁話者は、一定数いるのは確か。

「われ、なんて名前や」はあまりにガラが悪いが、「自分、なんて名前?」というのは日常会話として使っている人がいる。
私はそう言わないが、他人が使っていても何の違和感もない。

「ド畜生」は想像はできるのだが、実際に聞いたことはない。
まあ、そういう現場にいたら、私はのびるどころか死んでしまいそうなんで。

さて、最後の「小便タレ」、これは「しょんべんたれ」と言う。
これは、今の私の年齢ぐらいで青二才相手に使うのが、ちょうどいいのかも。

だからといって、学生には使えないが。よほど気のおけない学生であっても。
まあ、気のおけないのんは、こんなセリフを吐かせへんやろうけど。

ちなみに、「しょんべんたれ」は男相手に使う。女相手なら「しょんべんくさい」。
なぜなのかは分からないがそういう区別はある。

実際に小便の臭いがするわけではない。
まだおねしょしてるぐらいの小さい子を誇張して使っている。

「小便臭い」女の例として、「あまりにも若くてまだ色気がたらん憾みがあり(p.143)」と書かれていた。
例えば誰というのは、さすがに控えておく。

このニュアンスが東京で伝わらないのは言うまでもない。
だから、私が使う機会はなさそうである。

さすがに職場では言えないし、今どきよっぽど気のおけない関係でもネタでしか言えない。
これを真顔で言える時代でないことは、一応理解している。

だから、「小便くさい」は使わない。
「小便タレ」と言ってやりたい奴は確実にいるが、今のところ大人のたしなみを守っている。





「おんどれ」のアクセントはLLLH。
「われ」はLH。HLでは迫力もくそもない。
「ガキ」もLH。

ついでながら蘊蓄を垂れると大阪弁の2モーラの卑罵語は基本的にLHが多い。
「あほ」「ぼけ」「かす」「はげ」「ちび」「でぶ」などなど。
ちなみに「ばか」はHL。やはりこの語は大阪弁になじまない。

「ド畜生」はLHLLL。

「しょんべんたれ」はHHHHHL。
「しょんべんくさい」はHHHHHLL。





その2につづく。





« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ねちこい」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんだらめ」を読んで その2 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/64850592

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんだらめ」を読んで その1:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ねちこい」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんだらめ」を読んで その2 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31