« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ねちこい」を読んで その3 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんだらめ」を読んで その1 »

2017年1月30日 (月)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「ねちこい」を読んで その4

おかしいことばでは、「ねちこち」というのがある。これもネチネチより、もうひとつ粘着した感じのものだ。(p.138)


この語彙も知らないし、聞いたことがない。「ねちこい」は「ねちねち」の「ねち」に「ーこい」がついたものだろうが、「ねちこち」は「ねちこい」から派生したのだろうか。

なぜ「ち」になったのか。「ねちねち」と「ねちこい」の混淆語なんだろうか。
「ゴリラ+クジラ→ゴジラ」のようだが、語末の1モーラだけが混ざったということか。


「ねちこいに似たものに、ネソというのがありますが知ってますか」
と熊八中年はいった。
「知ってます。ムッツリした、口かずの少ない、おとなしい人のことでしょう」
「そうそう、しかも、タダのネズミではないという感じ。おとなしい人、というのは人畜無害でありますが、『ネソ』にはどこか一抹のニュアンス、あやしき影の部分がある。そこがねちこいとねそのちがうところですな。――ねちこいは、法にふれることはしませんが、ネソは、もしや、という臭みもある。たいがい犯罪者があげられると、近辺の人はびっくり仰天して、あんなおとなしい人が、とおどろくのが多い――これつまり、ネソがコソするというのである」(p.138)


長い引用になったが、これはここまで書かないと理解できないので。
コソというのは、人にかくれて淫靡な行為をなすことである(p.139)そうだ。

「ねそ」も「こそ」も、私は聞いたことがない。
その手の話をする大人が周りにたまたまいなかっただけなんだろうか。


ネソがコソをする、というのは、虫も殺さぬ無垢な処女のような娘さんが、いつのまにかぼてれんになったりすることを指す。(p.139)


ぼてれんは妊婦のこと。
擬態語からの派生ではあるが、あまりにストレートすぎる。


「しかしまあ今は、ネソもコソも地を払いました。天下晴れて白日のもと、ねちこく、ネトネト、これみよがしになってはりましたわ。今にして思うと、ネソもコソもかわいいもんでした」(p.139)


どおりで、「ねそ」も「こそ」も知らないはずである。
ついでながら、「ネトネト」は理解できるが、使わない。

昭和の大阪が、時代とともに変化したということか。
猥雑さがある街だが、少しずつ取り除かれているのかもしれない。

きれいになった京橋駅付近を見るたびに、そう思う。



「ねちこち」のアクセントはHLLLで、「ねちねち」と同じ。
「ネトネト」はHLLLより、LLLHの方がすっきりする。
先の2つはLLLHやと違和感あり。

「ねそ」も「こそ」もHL。

「ぼてれん」はLLHH。





この章終わり。



« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ねちこい」を読んで その3 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんだらめ」を読んで その1 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/64827367

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ねちこい」を読んで その4:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「ねちこい」を読んで その3 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんだらめ」を読んで その1 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31