« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その4 »

2016年9月11日 (日)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その3

「あんじょう頼ンまっさ」「あんばい、しといて」(p.90)


味よく>味よう>あんじょう らしい。
私の中でのあんじょうは、安生洋二である。

さて、p.90に出てくる例文の意味はもちろん分かる。
でも、商人じゃないんで、全く使わない。どの年代までが使ってたんやろう。

「あんじょう、でけた」うまくできた、恰好よくできた(p.90)
物を作って、うまいことできた。でも、手先が不器用なので、なかなか言う機会がない。

「あんじょういうといて」適当にいいつくろっておいて(p.90)
私は、「うまいこと言うといて」か「よろしゅう、言うといて」。相手に丸投げする便利な言葉である。

A「Cさんに、よろしく言っといてください」
B「分かりました」
……
B「Aさんがよろしく言ってました」

一時期これが気になって仕方なかった。
「よろしく言っといて」の意味がまったく分かってないなあと。

「あんじょう、いっぱいはめられてしもた」敵の思うツボへぴったりはまったこと(p.90)
うまいことやられたなあだが、自分の失敗より相手の腕を少し褒めてるかもしれない。

「あんじょう、頼ンます」
「そうでんなあ、まあ、ほな、あんばい、しときまっさ」(p.91)

なんて、適当な会話なんやろう。「適当にお願いします」「じゃあ適当にやっときます」みたいな感じで、それでもなんとかするんやけど、このニュアンスが分からなければ不安で仕方ない。

あんばいは「塩梅」で、塩加減や梅酢の調味料を適当に用いるごとく、物事を、ほどよく処理することである。
折合いとか、程度とか、バランスを保つこととかの意も含まれる(p.91)

あんじょうとあんばいは、明らかに違うのだが、「うまいこと」と訳すと、その違いが見えなくなる。
上手にと程よくという程度差があるのだが、これは用例をもう少し探る必要があるだろう。

「どうも、あんばい悪いなあ」(p.91)
身体の調子が悪いだが、「*あんじょう悪いなあ」やとなんのこっちゃら、さっぱり分からん。

先の「あんじょうできた」を「*あんばいできた」は無理。
あんじょうは副詞的表現なんで、名詞と置き換えるのは無理があるんだろう。

「そんなあんばいで、結局2人は、こんにちおめでたく華燭の典を挙げられるに至ったのでありました」(p.91)

これは「そういうわけで」ぐらいの軽い言い方なんで、場面によっては使うかもしれない。
ちょっと大阪弁を意識してわざとやるには、ええあんばいの表現である。

「あんじょうたのんます、どうぞ宜しィに」
「あんばい、いうとくなはれ、お頼申します」(中略)
更にそれをすすめると、物凄いのは、「ええようにしとくなはれ」(p.92)

これは牧野史陽氏の解説で「”さアどっちでもかましまへん、まアあんさんのええやうにしといとくれやす”などと体裁のよいことを言ひながら、腹の中ではちやんと計画を立ててしまつてゐるのも大阪商人の特質といへるだらう」(p.93)

田辺聖子氏は、「この説明で間然することはない」と述べている。

相手に丸投げしているようで、自身が支配している。
やらしいやっちゃなあ。




「あんじょう」のアクセントは、LLHH。



その4につづく。



追記

「あんばい、いうとくなはれ」は??って感じ。




« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その4 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/64187220

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その3:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その4 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31