« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「こまんじゃこ」を読んで その5 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その1 »

2016年8月29日 (月)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「こまんじゃこ」を読んで その6

「例の大阪弁のくせで、小便というべきところを、しょンべンと跳ねるのがよろしいな。」(中略)
「その代り、はねるべき大根、などというコトバ、はねないでやわらかく、おだいといったりしますよ」
 今日の年中行事の1つ、12月の鳴滝の大根たきも、「だいこたき」である。(p.82)


でも、「小瓶」は「しょんびん」ではなく、「しょうびん」である。
おっと。東京は「こびん」と言うそうだが、大阪は「しょうびん」。

東京人に「小便頼んでるみたいで」と言われたが、「大中小」は「だいちゅうしょう」だからしょうがない。むしろ、「おおびん」「こびん」なら、「なかびん」と言ってもらいたいものである。

「おだい」「だいこ」(大根)は、私は言わない。同様に「おにん」「にんじ」(人参)、「おれん」「れんこ」(蓮根)、「おみか」「みか」(蜜柑)、「おメロ」「メロ」(メロン)、「おうど」「うど」(うどん)、「おプリ」「プリ」(プリン)とも言わない。

食べ物に「お」をつけるのはいくつかあげられる。
p.82にあがっているもので、私も言うものにのみ◎をつけることにする。


豆サン → ◎お豆さん ※「お」をつければ「さん」もつけれるが、「お」無しでは無理。
お芋サン → ◎お芋 ※「芋さん」は無理。
お菜サン ※「お菜」も無理。
お粥さん → 「おかいさん」は使わなくはない。でも、今は「さん」無しの「おかゆ」が主。
お揚げ → 「揚げさん」は言えるのだが、「お揚げ」は使わない。
お汁(つゆ) → ◎おつゆ  ただ、今はあまり言わなくなった。


さて、ようやく最後の話。シリーズ最長のその6もまもなく終わる。
って言ったって、これ読んでる人、ほとんどいないんで、どうでもええか。


「そういえば、大阪のシャレに『グリコの看板でバンザイや』というのがありましたね」
「うん、お手あげ、降参、投げ出したというときに使う。」 (p.83)


ミナミにあるグリコの看板が元になっている。
体操着を着た男がゴールした際に両腕をあげ万歳したポーズの看板。

左足も上がって、静止画状態なので、右足の片足立ちになっている。
これをバックに観光客が引っ掛け橋でおんなじかっこして撮ってる。

私も最近は大阪に行くと観光客になってしまったが、これをやる気にはなれない。
私になじみの4代目ならやってもいいが、先代はなくなり、今は6代目なんで。

閑話休題。私が使う時は、「もうグリコやな」というシンプルな使い方。
パソコンで両腕が痛くなって腕も上がらず「グリコやな」。


この章、終わり。







« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「こまんじゃこ」を読んで その5 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その1 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/64129776

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「こまんじゃこ」を読んで その6:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「こまんじゃこ」を読んで その5 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あんばい」を読んで その1 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30