« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「チョネチョネ」を読んで その1 »

2016年5月 1日 (日)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかん」と「わや」を読んで 補遺1

終わったはずだが、また書き足す。
「あかん」について少しだけ。

その3で「あかんかった」という形を示したが、「あかん」は部分的に形容詞の活用をする。
「あかぬ>あかん」なんだが、現在語の「ない」に引きずられて活用する。

「あかんかった」「あかんかって」は問題なく言える。
「あかんかって」は完了を連用形でも言える大阪弁。

「あかんかろう」「あかんくて」「あかんくない」は理解できるが、私の使用語彙ではない。
直感では摂津方言ではないと思う[注]が、実態は調査結果を見ないと分からない。

「あかんければ」は、聞いたことがないし、全く使わない。
ここまで活用するようになっているかも、調査報告を見ないと分からない。










[注] 経験則では兵庫出身から聞いた記憶がある。






« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「チョネチョネ」を読んで その1 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/63563539

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかん」と「わや」を読んで 補遺1:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「チョネチョネ」を読んで その1 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31