« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「チョネチョネ」を読んで その3 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「けったいな」を読んで その1 »

2016年5月22日 (日)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「チョネチョネ」を読んで その4

さて、チョネチョネは使わないという話を書いてきた。
チョメチョメを「(い)やらしい」という意味でも使わない。

では、「やらしい」はどう使うか。エロい、すけべえ、好色などに使われる用法がある。
性的嫌悪感は必須ではないと考える。

私はその用法はあまり。特に「いやらしい」というように「い」をつけた時は、エロに対する表現でなくなる。
人としてなってない奴に対して使うが、それでもそんなに使わない。

「やらしいやっちゃな」は金に汚い奴に使う。
それは「せこい」や「ケチ」程度ではなく、明らかな不正行為や汚職を行う奴に対して。

だから、寝起きをぐずる子供(p.59)には使わない。
「いやらしいなあ、こんな小さい卵25円やて」(p.60)は、女性が使うように思える。

完全に女言葉になっているとは思わないが、男はそんなにしょっちゅう発しないと思う。
着物に対して「いやらしいわ、その柄」(p.61)も、男はほとんど言わないと思う。

なんか言うたら「いやらしいわあ」というのは、女性の相槌みたいなもん。
これを真に受けてたら、自身はとんでもない変態扱いされていると勘違いしてしまう。

「なんか、嫌や」程度に解釈しておくのが無難である。
ただし、周りがこの用法を知らずに勘違いした場合はどうにもならないだろう。

最近の女の子が使っているかどうかは、大阪に行ってみないと分からない。
ただ、私の印象では、なんかおばはんくさい言い方である。




「いやらしい」のアクセントはHHHLL、「やらしい」のアクセントは「HHLL」。
大阪弁は名詞のアクセントはややこしいが、形容詞のアクセントは-3型しかない。

追記

近世以来の女言葉として「いやらしやの」があるそうだが、私は聞いたことがない。
私の祖母は北海道生まれなので、大正生まれの女性の大阪弁はあまり耳にしていない。



この章、終わり。





« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「チョネチョネ」を読んで その3 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「けったいな」を読んで その1 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/63668168

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「チョネチョネ」を読んで その4:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「チョネチョネ」を読んで その3 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「けったいな」を読んで その1 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31