« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺1 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかん」と「わや」を読んで 補遺1 »

2016年4月28日 (木)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺2

「あほが見るぶたのけつ」。これには、ばかバージョンはないから、東京では言わないんだろう。
「あっち見てみ」と言われて、なんもない時に子どもが言う、それこそあほなやりとり。

子どものころからよく聞いた。嘉門達夫さんは歌にしていた
子どもがやりがちなしょうもない会話を集めた歌。しょうもないあるあるやった。

実際の発話では、「見る」は「ミールー」、「けつ」は「ケーツー」。
そして、アクセントでも対句に。LHL HHLL LHL HHLL。

こういうのやから、子供は好きなのかもしれない。
なお、ええ大人は使わない。少なくとも私はそう思う。

あほを使った強調形。「あほみたいに暑い」「あほみたいに高い」。
これも「ばかに」や「ばかみたいに」より「あほ」の方がしっくりくる。

気温や値段にもあほを使う。よほど気に入らんのんやろう。
このあほにも愛嬌があるとは思えない。気温や値段に気をつかう必要はないんで。

最後に「あほは死んでも治らない」。東京は「ばかは死ななきゃ治らない」。
「あほは死ななきゃ~」やと、大阪ぽくない。「ばかは死んでも~」は混ざった感じ。

「死んでもせーへんわ」といった言い方からも「あほは死んでも~」がしっくりくる。
ただ、死んで生まれ変わった時には直してください。藤山寛美さん以外は。






たぶん、あほの話は終わり。







« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺1 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかん」と「わや」を読んで 補遺1 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/63548022

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺2:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺1 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかん」と「わや」を読んで 補遺1 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31