« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺2 »

2016年4月28日 (木)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺1

「あほ」話は終わらせたはずだけど、もう少し書きたいことができたんで。
というか、「あほ」はなじみがありすぎるんで。

私は「あほとはさみは使いよう」。東京は「ばかとはさみは使いよう」。
私は「あほの一つ覚え」。東京は「ばかの一つ覚え」。

大阪の「あほ」と東京の「ばか」の違いはこういうところにも。
でも、「正直者はばかをみる」は、あほでは言えない。

「あほと煙は高いとこにのぼる」。
東京は「ばかと煙は高いところが好き」。

「ばかと煙は高いところにのぼる」はちょっと違和感がある。
これは両者が混ざったんちゃうかと思っている。

あくまで直感で文献的裏付けはない。
でも、「高いところが好き」という冷めた言い方は東京弁っぽい。

それに比べて「高いとこにのぼる」は、ほんまにのぼるイメージが強い。
舞い上がってるのを揶揄した感じは「~好き」の方が似合う。

「高いとこにのぼる」と言われると、子供の頃、実際に煙突にのぼるイメージがあった。
高所恐怖症の私はあほやないと安心していた。

なお、高いところで仕事をしているとび職はすごいと思っている。
彼らは決してあほではない。

もうちょいつづく。








追記

これらの慣用句は、他の地方だと異なるんだろうか。
「たわけとはさみは使いよう」「ほっこと煙は高いところにのぼる」

あったら興味がある。











« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺2 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/63547023

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺1:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その2 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺2 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31