« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで その3 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その1 »

2016年4月19日 (火)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで その4

「すかたん」というのは、何とも難しい。
しょっちゅう失敗する奴のことを言うんだが、ちょっとかわいげがないと。

だまされたという意味での「すかたんくろた」は、私は使っていない。
愚かな相手にのみ使う言い方である。

「すかたん」は、女性には使いにくい。
この言葉は男性の方があってると思う。

教えてもでけへんのんは、「すかたん」やのうて「あほか」と言うてしまう。
なんか自分でやってみたけど、上手いこといかんかったが適切かもしれない。

テストで点数がとれなかったら、「あほか」かも。
ケアレスミス連発なら、「すかたん」かも。

最近、「すかたん」や奴を見てない。
大阪に住んでいないからかもしれない。

だから、最近使うことがないし、聞くこともない。
だから、内省がききにくくなっているのかもしれない。

「どんくさい」とはちょっと違う。
歩いててがんと机に脚をぶつけた時は、「どんくさー」で、「すかたん」ではない。

ことがうまく運んでない奴、不器用な奴には「どんくさいのお」が似合う。
アレンジして、男に「どん・くさお」「どん・くさこ」はよく使う。

「まぬけ」に近いが、なんか違う。
「まぬけ」と言う相手の方が、かわいげがないように思う。

私の中で「すかたん」が似合うのは、『刻(とき)うどん』の喜六。
清八がうまいこと1文ごまかせたのを見て、真似したが失敗したのが喜六。

この失敗はかわいげがある。
ただ、最近「すかたん」を使ってないから、私の中で過去の表現かも。

今の私は、喜六のことは「すかたん」より「ぬけさく」と言いたい。
「ぬけさく」は「まぬけ」よりはかわいげがあるんで。



以上、この章終わり。


<追記>

若者言葉の「やばたん」の「ーたん」は、「すかたん」の「ーたん」を同じ気がする。



「あほ」のアクセントはLH。「あほが」はLHLなんで低起尾高型。
「すかたん」はLLHL。




« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで その3 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その1 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/63506922

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで その4:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで その3 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その1 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31