« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その1 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺1 »

2016年4月27日 (水)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その2

「えげつない」を説明しようとするとえげつない事例にふれざるを得ない。
ここでは書けないことも多すぎることに気づく。

世でいう残虐な事件はすべて「えげつない」で言える。
男と女の愛憎のもつれがからむとなおえげつない。

p.46に出てくる話。夫婦別れした女房が、家にあるありとあらゆるものを持ち逃げした。
家財道具だけでなく、便所のスリッパや友人が外した金歯まで。

これはえげつないとしか言いようがない。
でも、笑える。

事務所にトラックで突っ込むのは、えぐいかえげつないか微妙なところ。
でも、バキュームカー逆噴射なら、えげつない。

怖いかどうかは抜きにして、下がからむとえげつなくなる。
だから、嫌がらせになるんだろうが。

いわゆるブラック企業は、えげつない商売をしていると言える。
ただ、商売のすべを知らない私が、公の場では特定の企業に向けて言うことはない。

さて、この章には「渋い、地味、高尚、上品」をあらわす「こうと」という大阪弁が紹介されている(p.49)。
私はこの言い方を知らない。

渋ければ「こうと」、反対は派手、度を越えたらえげつない。
「こうと」は言わないけど、ど派手がえげつないはよく分かる。

でも、今くるよさんの衣装はえげつないとは称しない。
あれは、「派手やなあ」と笑ってすませるんで。



この章、終わり。



追記

「えげつない」のアクセントはHHHLL。
「こうと」は使わないから内省がきかない。もし言うならHHH。








« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その1 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺1 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/63546142

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その2:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「えげつない」を読んで その1 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで 補遺1 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31