« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかん」と「わや」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで その2 »

2016年3月27日 (日)

『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで その1

「あほ」と「すかたん」 pp.32-41

坂田姓の方には災難やったと思う。
ただ、坂田利夫さん限定なんで。

大阪の二大坂田は、坂田利夫さんと坂田三吉さん。
限定ということをちゃんと理解して、無意味な拡散は避けるべき。
かしこの坂田はいるんやから。



Photo



「アホちゃいまんねん、パーでんねん」
明石家さんまさんが八光さんから買ったというネタ。
ひょうきん族でやってたのは1986年か。

おもろいフレーズやけど、日常的にもちこむのはかなりきつい。
あそこまで足を上げて手を拡げるのも度胸がいる。
それこそ、あほにならんとでけへん芸である。

アホネタで好きなのは、帯谷孝史さんのネタ。とにかく耳に残ってる。
「アホンダラアホンダラアホンダラ、アホンダラアホンダラアホンダラ……」
言うた後に、他の役者が「お前はアホンダラ教の教祖か」でしめる。[注]

他に代表的なのが、船場太郎さんや木村進さんとのポットのからみ。
昔のタイガー魔法瓶に鼻が似てるから、頭を押してお湯が出ないというネタ。
座長との組み合わせでいろんな団員が押してたはずだが、記憶は薄れた。

耳に残ってるもう一つは、間寛平さんの「おっさん、アホかアホか」。
これも繰り返しパタンで、場合によっては結構長めに繰り返してた記憶が。
「おっさん、アホかアホかアホかアホか、おっさーん、アホかアホか……」

新喜劇を最も見てたのは70年代後半から80年代前半。
「アホンダラ……」「おっさん、アホか」はよく耳にした。
その時期じゃないアホネタは、見てないから記憶に残らない。

その2でもう少しアホネタにふれてみたい。





[注] 「○○教の教祖か」というかえしは、さんまさんもよく使ってた。








« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかん」と「わや」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで その2 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/63401711

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで その1:

« 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あかん」と「わや」を読んで その4 | トップページ | 『大阪弁ちゃらんぽらん』「あほ」と「すかたん」を読んで その2 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31