« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月15日 (金)

「時と古畑と船場」

古畑任三郎というドラマがあった。
苗字が古畑、名前が任三郎。

これは、さんまさんが時任三郎さんのことを「ときとう さぶろう」ではなく、「とき にんざぶろう」とネタで区切ったことから始まったと記憶している。

それを聞いた三谷幸喜さんが、それに感化されて「ふるはた にんざぶろう」というネーミングを考えたと記憶している。

さて、ここまでなら割とよく知られた話だろう。
ここから先は推測だが、近畿の昭和世代ならそやそやと言える話。

さんまさんが言ったというところがミソである。
山田邦子さんの島倉千代子さんモノマネの首振りは翠みち代が元ネタ。

古い花月を知っている人なら、ああと思える。
ネタについてはこちらを参照のこと。


こういう風に、さんまさんは古い大阪ネタを東京に持っていくことがある。
「とき にんざぶろう」もそれであろうと推測している。

では、そのネタ元は何か。
それは「船場太郎」である。

彼は吉本新喜劇の当時でいうところの二枚目俳優であった。
新喜劇退団後は市会議員となり、市議会議長まで務めあげた。

新喜劇時代のネタに「せん ばたろう です」があった。
「せんば たろう」の区切りを変えたネタである。

これが元になっている気がするんだが。
信じるか信じないかはあなた次第である。




br>

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30