« 「脳と分からんと私」 2014-11-28 より | トップページ | 大阪に次に行ったら、行っておきたいところ。 »

2014年12月31日 (水)

2014年における人生初

これまでアメブロで何度かフリはしたが、書いてこなかった話を書く。

いくつになっても人生初の経験というものはある。
それが生きている証である。

今年もたくさんの人生初を体験してきた。
他人にとっては物珍しくないことでも、自身には珍しいことは多々あるので。

そんな中、自身の中での栄えある第1位。
それは「握手会に参加した」ことである。

ここ何年かでAKBというのはそこそこ理解している。
ともちんと大島麻衣しか知らなかった頃からみれば、かなりの成長である。

そこで、握手会において、CDを買えば握手ができるというシステムを知る。
劇場公演とあわせてファンとの距離を詰めようとしたんだろう。

サイン会や握手会は本屋やレコード屋では行なわれていた。
そういう意味では珍しくも新しくもなかった。

まあ、ファンなら握手してみたいもんだし、いいんじゃないぐらいは思っていた。
限りなく他人事として捉えていた。

AKBは認知はしたが、そこまでの興味はない。
嫌いではないが、わざわざお金を払って握手したいとまでは思わない。




そんな中、西内まりやがCDデビューするという情報を聞く。
ピカルではまり、スイッチガールでさらにはまっていってた。

そしたら、9月7日に東京で握手会イベントがあるとのこと。
一念発起して人生初の握手会に行ってみようと決心した。

さて、経験のないことを実行するのは難しい。
まずは握手券が配布される店が決まっていることから理解する。

でも、CD売り場に握手券は置いていない。
カウンターで握手券をくださいと言わないともらえないことを知る。


Photo



場所が何となくしか分かってないので、ラクーアガーデンステージを下見する。
どうすればいいのかを、事情通の学生に教えてもらう。

そして、当日。午後2回目からの券を持っていたが、1回目から行く。
オープンスペースなので、場内じゃなくても外からみれる。

結局リハーサルから数えて、『LOVE EVOLUTION』を5回聞くことになる。
さすがデビューイベントである。

そして、握手会。順番に並んで、順番に握手し、少し話す。
JKやJCばっかりだときつかったが、結構同年代がいたんで助かった。

近づいていくにしたがって、顔がよりよく見える。とにかくかわいい。
なるほど、心臓がバクバクとか緊張とかいうのはこういうことなんだと。

そこではじめて、「やばい」を+の意味で使えるようになった。




【追記】
アメブロで何度かまりやのことは書いてきたが、この話はFB以外ではじめて。
まあ、過疎ブログだから、書いてもいいだろうと。

昨日レコ大の最優秀新人賞をとったから、その祝いもかねて。


« 「脳と分からんと私」 2014-11-28 より | トップページ | 大阪に次に行ったら、行っておきたいところ。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/60900883

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年における人生初:

« 「脳と分からんと私」 2014-11-28 より | トップページ | 大阪に次に行ったら、行っておきたいところ。 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30