« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

「脳と分からんと私」 2014-11-28 より

「脳と分からんと私」 2014-11-28 より

さて、久しぶりの「かきむしる」問題。
以前の記事はこちらに。


以下の分類が私の仮説である。

a. 強く掻く b. 掻いた結果皮膚を傷つける

(1)「かきむしる」でabともに表現できる。
(2)aは「かきむしる」、bは「かきこわす」と区別する。
(3)aは「かきむしる」、bは「かきやぶる」と区別する。

(1)と(2)は東日本での方言差というより個人差というべきか。
(3)、特に「かきやぶる」は一部の西日本の方言。

私の場合は、(3)'となり、aは「かきまくる」、bは「かきやぶる」。
「かきむしる」は理解語彙であり、使用語彙としては「頭をかきむしる」のような定型表現でしか使わない。

これで、調査をすればいいのだが、今他に抱えていることが多いんで……


なぜ、またこれを書いたのかというと、医学用語で「かきむしる」は「掻破」。
やっぱり「破る」やん、と思ったんで。











2014年11月27日 (木)

「脳と味付けと私」 2014-11-22より

脳と味付けと私」 2014-11-22より


特に向こうからのリンクはない。
こっちから勝手に発信中。

なんでかって?
次にこのネタを書く時の、プライオリティーの確保のため。



(1)カルシウムや鉄分など栄養素がいっぱい。
(2)整腸作用あり。
(3)コレステロールゼロ。

♪幾千分ものかき混ぜ こえて巡り合った豆
糸引いて においきつくない
これからそこまで歩いて 器によそいに行くのさ
鉄分とカルシウム 栄養がいっぱい 

このネタを書きたかっただけ。
また、納豆のネタを書く日は来るだろうから。









2014年11月 2日 (日)

プロレス用語が国語辞典に載っているか。

「辞書とプロレスとことば」その1 2013-07-05より。

古い記事である。
ここで示したのは4の字固め。

また急に興味がわいたので、調べた。
アメブロに間もなく登場する。

その予告編。
プライオリティー確保のための予告編。

その2では、ドロップキック、ニードロップ、バックドロップ。
その3では、ヘッドロック、ボディースラム、ラリアット(ラリアート)。
その4では、トーホールド、パイルドライバー、ベアハッグ。

体固めやフォール、パンチ、キック、チョップなど他の格闘技からの借用は除いた。
これらに関して既に書き終えていることを示しておく。

なんでこんなことを書くのか不思議に思う人がいるかもしれない。
誰が先、誰が後というのがややこしいから。

日付をいじってでも自分が先という人、パクる人がいるからややこしい。
特許じゃないから利権が関係ないんだが、こういうのは筋道を通しておきたい。

ということで、予告編。
公開をお待ちください。

過疎ブログは誰も読まないので、何の宣伝にもなってない……
気にしない。
















« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30