« 「脳と味付けと私」 2014-11-22より | トップページ | 2014年における人生初 »

2014年11月28日 (金)

「脳と分からんと私」 2014-11-28 より

「脳と分からんと私」 2014-11-28 より

さて、久しぶりの「かきむしる」問題。
以前の記事はこちらに。


以下の分類が私の仮説である。

a. 強く掻く b. 掻いた結果皮膚を傷つける

(1)「かきむしる」でabともに表現できる。
(2)aは「かきむしる」、bは「かきこわす」と区別する。
(3)aは「かきむしる」、bは「かきやぶる」と区別する。

(1)と(2)は東日本での方言差というより個人差というべきか。
(3)、特に「かきやぶる」は一部の西日本の方言。

私の場合は、(3)'となり、aは「かきまくる」、bは「かきやぶる」。
「かきむしる」は理解語彙であり、使用語彙としては「頭をかきむしる」のような定型表現でしか使わない。

これで、調査をすればいいのだが、今他に抱えていることが多いんで……


なぜ、またこれを書いたのかというと、医学用語で「かきむしる」は「掻破」。
やっぱり「破る」やん、と思ったんで。











« 「脳と味付けと私」 2014-11-22より | トップページ | 2014年における人生初 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/60725344

この記事へのトラックバック一覧です: 「脳と分からんと私」 2014-11-28 より:

« 「脳と味付けと私」 2014-11-22より | トップページ | 2014年における人生初 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31