« 「ジムと筋力と結果」その4 2013-10-02より | トップページ | 「脳と男女差と器」 2013-10-15より »

2013年10月10日 (木)

「脳と日常とにおい」2013-10-10より

「脳と日常とにおい」2013-10-10より


「臭い」そのものの話ではない。
「におい」を検索した時に「~において」が出てきた時に、ふと思い出したこと。

「泣きやむ」「鳴りやむ」の時に使われる「~やむ」について、国語辞典の見出し語ではなく、実際に使われている「~やむ」の用例を、学生に「検索して20の例文をレポートで出すように」という課題を出した時のこと。

多くの学生が「泣きやむ」「鳴りやむ」などの例を挙げてきて、使える動詞の範囲が限られていることを報告する。

しかし、中には「やむをえない」「やむなし」「うやむや」を挙げてくるのがいる。

ヤムチャ」もいた。

さらに「産毛やむだ毛」「不安感やむなしさ」といった例も。

ちゃんと聞いてたのかと。


極めつけは


月やあらぬ春やむかしの春ならぬわが身ひとつはもとの身にして


伊勢物語に出てくる和歌である。





苦虫をかみつぶしたのはこの時がきっかけである。


« 「ジムと筋力と結果」その4 2013-10-02より | トップページ | 「脳と男女差と器」 2013-10-15より »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591061/58327012

この記事へのトラックバック一覧です: 「脳と日常とにおい」2013-10-10より:

« 「ジムと筋力と結果」その4 2013-10-02より | トップページ | 「脳と男女差と器」 2013-10-15より »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31