« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

「脳と検索と漢字」2013-07-31の解答

漢字検索クイズの答えはこちら。

1.
酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒
酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒
酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒
酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒
酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒

2.
拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾
拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾
拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾
拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾
拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾拾

3.
于于于于于于于于于于于于于于于于于于
于于于于于于于于于于于于于于于于于于于于
于于于于于于于于于于于于于于于于于于于
于于于于于于于于于于于于于于于于于于
于于于于于于于于于于于于于于于于于于于于

4.
因因因因因因因因因因因因因因因因因因因因
因因因因因因因因因因因因因因因因因因因
因因因因因因因因因因因因因因因因因因因
因因因因因因因因因因因因因因因因
因因因因因因因因因因因因因因因因因因因

5.
粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟
粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟
粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟
粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟
粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟粟



いかがでしたか。

数が分かっていると少し楽なんです。






 

2013年7月30日 (火)

心理カウンセリング用のメモ2

「私はこんなに頑張ってるのに」
「私はこんなにしてあげてるのに」
「みんなも頑張ってよ」
「なんで私の気持ちをわかってくれないの」


もちろん、私の話じゃないよ。

ここでの私は別の人。



2013年7月27日 (土)

「肉と七輪と私」2013-07-29 ヒャダイン

ここで出てきた氷の呪文ヒャダインは、いろんな悲哀の歴史がある。

詳しくはここを見てください。


その悲哀な呪文名を芸名にしたのが、ヒャダインである。

って、私もはじめは分かってなかったんですけどね。


「肉と七輪と私」からのリンク

エスカレーターの記事へgo

2013年7月26日 (金)

アドバイス

毎回、診断書をもらわなくても、領収書の日付と日記があればいいという話も。


もちろん、ここ一発は診断書が必要だろうが、経緯を説明する際にはそういうのがあった方が。

ブログでは具体的な内容は書けないことが多い。

だから、別途自筆の日記は必要になってくる。

何が起こるか分からないので。
もちろん、何も起こらないことを祈るが。

2013年7月14日 (日)

心療内科カウンセリング用のメモ

また、一般的な事例を聞きながら、いろいろ整理してみたいと。そのためのメモ。

どうして私を分かってくれない。
どうして私はこんなにやっているのに、周りはついてこない。
ちゃんと説明しているのに、相手は分かってくれない。
これまで言ったことを変えても、自身は気にしない。
その上で、相手が自身にあわないと責める。

まあ、話が進んだら、書ける範囲でフィクションとして書くことにする。

2013年7月12日 (金)

「ジムと夏バテと私」 2013-07-11 補足

最後、分からないですよね。
日本語の話じゃないんで。
バテバテってタガログ語で自慰って意味なので、下ネタなんです。
ボボ・ブラジルみたいなもんです。

2013年7月 7日 (日)

「脳と七夕と私」20130707 メモ

「脳と七夕と私」20130707 メモ
<メモ>
5月の心療内科受診は27日。
その週の31日。「やってあげてる」「善意で」を臆面もなく言ってくる。


しばらく我慢してみる。
真っ向から拒否しても、後で爆発するだけなので。


しばらく我慢してみる。
腹立つのを保ちながら、日々を過ごしてみる。


そして、6月24日に心療内科受診。
我慢した分をカウンセラーに吐き出してみる。


この日にようやくその件をしゃべる。
客観視するとおかしな話だとすぐに分かる。


この程度のメモでいいだろう。
必要最低限のことは示せた。


ブログなんでこれ以上の具体的なことは書けない。
それは何かがあった時に証拠能力を高めて公開することになる。


8日以降に最新版のメモを公開するような気がする。

特定個人を受けつけなくなるようにはなりたくなかった。

2013年7月 6日 (土)

「脳とバラバラと漢字」クイズ出題その12 おまけ

「脳とバラバラと漢字」クイズ出題その12 2013-07-06 おまけ



サブライム数


サブライム数(-すう、英:sublime number)は自然数で、約数の個数が完全数であり、なおかつ全ての約数の和が別の完全数になるような数である。例えば12は約数が 1, 2, 3, 4, 6, 12 と6個あり、それらの和は 1+2+3+4+6+12=28 となり、約数の個数および和がともに完全数となるので12はサブライム数である。


完全数


完全数(かんぜんすう,英: perfect number)とは、その数自身を除く約数の和が、その数自身と等しい自然数のことである。例えば 6 (= 1 + 2 + 3)、28 (= 1 + 2 + 4 + 7 + 14) が完全数である。
                by Wiki



こんなんがあるらしい。
人はいろいろ考えるものだ。

漢字をやったら、数字をやる。
小学生レベルでないレベルで。

大人になってからやり直してもいい。
そういうリハビリもあるのでは。




2013年7月 4日 (木)

「脳と寒暖と電車」20130704 ヒント

この記事は分かる人はすんなり読めますが、なぜ唐突にこんな文言になるんだろうと思われる方もいらっしゃるでしょう。



ヒントです。






ついでに。
エスカレーター、東西の違いの記事もよろしく。




« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31